個人情報保護方針

弊社にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。データ保護は、KUHN SOLUTIONSの経営陣にとって特に重要な優先事項です。KUHN SOLUTIONSのインターネット・ページは、個人情報を入力することなく利用することができます。ただし、データ対象者が当社のウェブサイトを通じて当社の企業が提供する特別なサービスの利用を希望する場合は、個人データの処理が必要になることがあります。個人データの処理が必要であり、その処理に法的根拠がない場合、当社は通常、データ対象者の同意を得るものとします。

データ対象者の氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人データの処理は、常にKUHN SOLUTIONSに適用される各国固有のデータ保護規則に従って行われるものとします。このデータ保護宣言により、当社は、当社が収集し、使用し、処理する個人データの種類、範囲および目的について、一般の方々にお知らせしたいと考えています。さらに、データ対象者は、このデータ保護宣言により、その権利について知らされます。

管理者として、KUHN SOLUTIONSは、このウェブサイトを通じて処理される個人データを最も完全に保護するために、数多くの技術的および組織的な措置を講じています。しかし、インターネットを利用したデータ通信は、常にセキュリティ上の脆弱性が存在する可能性があり、絶対的な保護を保証するものではありません。このため、すべてのデータ対象者は、電話など別の手段で自由に個人データを当社に送信することができます。

1. 定義

KUHN SOLUTIONSのデータ保護宣言は、欧州議会および欧州理事会が一般データ保護規則(GDPR)の採択に際して使用した用語に基づくものです。当社のデータ保護宣言は、一般の人々だけでなく、当社の顧客やビジネス・パートナーにとっても読みやすく、理解しやすいものでなければなりません。そのために、事前に使用する用語について説明したいと思います。

本プライバシーポリシーでは、特に以下の用語を使用します。

  • (個人情報

    個人データとは、識別された、または識別可能な自然人(以下「データ対象者」といいます)に関するあらゆる情報を意味します。識別可能な自然人とは、直接的又は間接的に、特に、氏名、識別番号、位置情報、オンライン識別子等の識別子、又は当該自然人の身体的、生理的、遺伝的、精神的、経済的、文化的若しくは社会的アイデンティティに特有の一つ以上の要素を参照して識別することができる者をいいます。

  • (ロ)関係者

    データ対象者とは、管理者によって個人データが処理される、特定または識別可能な自然人のことをいいます。

  • c) 加工

    処理とは、収集、記録、整理、ファイリング、保管、適応または変更、検索、相談、使用、送信による開示、普及またはその他の利用可能化、調整または組み合わせ、制限、消去または破壊など、自動的手段であるかどうかにかかわらず個人データに対して行われるあらゆる操作または一連の操作を指します。

  • (d) 処理の制限

    処理の制限とは、保存されている個人データに対して、将来の処理を制限する目的で印をつけることです。

  • e) プロファイリング

    プロファイリングとは、自然人に関する特定の個人的側面を評価するために、特にその自然人の仕事上のパフォーマンス、経済状況、健康、個人的嗜好、興味、信頼性、行動、場所、場所の変化に関する側面を分析または予測するために当該個人データを使用することからなる個人データの自動処理のあらゆる形態を意味します。

  • f) 偽名化

    ただし、そのような追加情報は別々に保管され、個人情報が特定された自然人または識別可能な自然人に帰属しないことを保証する技術的および組織的な措置が施されていることが条件です。

  • (g) 管理者または処理に責任を負う者

    管理者または処理責任者とは、単独で、または他者と共同で、個人データの処理の目的および手段を決定する自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体を指します。当該処理の目的及び手段がEU又は加盟国の法律により決定される場合、管理者又はその指定のための特定の基準は、EU又は加盟国の法律により規定されることができる。

  • (h) プロセッサ

    処理者とは、管理者に代わって個人データを処理する自然人または法人、公的機関、代理店、その他の団体を指します。

  • i) 受取人

    受領者とは、第三者であるか否かを問わず、個人データの開示を受ける自然人または法人、公的機関、代理店、その他の団体を指します。ただし、連合法または加盟国法に基づく特定の調査業務に関連して個人データを受け取る可能性がある公的機関は、受領者とみなされないものとします。

  • j) 第3回

    第三者とは、データ主体、管理者、処理者、管理者または処理者の直接の責任の下で個人データを処理する権限を有する者以外の自然人または法人、公的機関、代理店、その他の団体を意味します。

  • k) 同意

    同意とは、データ対象者が自分に関する個人データの処理に同意することを示す、声明またはその他の明確な肯定的行為の形で、自由意志に基づき具体的かつ十分な情報を与えられたデータ対象者の意思表示を意味するものとします。

2.コントローラーの名前と住所

一般データ保護規則、欧州連合加盟国で適用されるその他のデータ保護法、およびデータ保護の性質を持つその他の規定の意味における責任者は、以下のとおりです。

KUHN SOLUTIONS
ダニエル・クーン
Rai­ten­au­gas­se 6
78462 コンスタンス
ドイツ

電話番号:+49 (0) 7531/8042269
電子メール:info@kuhn-solutions.de
ウェブサイト:https://kuhn-solutions.de/

3. クッキー

クーン・ソリューションズのインターネット・ページでは、クッキーを使用しています。クッキーは、インターネットブラウザを介してコンピュータシステムに配置され、保存されるテキストファイルです。

数多くのウェブサイトやサーバーがクッキーを使用しています。多くのCookieには、いわゆるCookie IDが含まれています。クッキーIDは、クッキーを一意に識別するためのものです。これは、インターネットページやサーバーを、クッキーが保存された特定のインターネットブラウザに割り当てることができる文字列で構成されています。これにより、訪問したインターネットページとサーバーは、データ対象者の個々のブラウザと、他のクッキーを含む他のインターネットブラウザを区別することができます。特定のインターネットブラウザは、固有のクッキーIDによって認識され、識別されることがあります。

クーンソリューションは、クッキーの使用により、クッキーの設定なしには不可能な、よりユーザーフレンドリーなサービスをこのウェブサイトのユーザーに提供することができます。

クッキーによって、当社のウェブサイト上の情報や提供物は、ユーザーの感覚で最適化することができます。すでに述べたように、クッキーは、当社のウェブサイトのユーザーを認識することを可能にします。この認識は、ユーザーが当社のウェブサイトをより便利に利用できるようにすることを目的としています。例えば、クッキーを使用しているウェブサイトのユーザーは、ウェブサイトとユーザーのコンピュータシステムに保存されているクッキーによって行われるため、ウェブサイトを訪問するたびにアクセスデータを再入力する必要はありません。また、オンラインショップの買い物カゴのクッキーもその一例です。オンラインショップでは、お客様が仮想の買い物かごに入れた商品をクッキーで記憶しています。

データ対象者は、使用するインターネットブラウザの適切な設定により、当社のウェブサイトによるクッキーの設定をいつでも阻止し、クッキーの設定に永久的に反対することができます。また、すでに設定されているクッキーは、インターネットブラウザやその他のソフトウェアプログラムによっていつでも削除することができます。一般的なインターネットブラウザで可能です。データ対象者が使用するインターネットブラウザでクッキーの設定を無効にした場合、当社のウェブサイトのすべての機能が完全に使用できなくなる可能性があります。

4. 一般的なデータおよび情報の収集

KUHN SOLUTIONSのウェブサイトは、データ対象者または自動化システムがウェブサイトを呼び出すたびに、一連の一般データおよび情報を収集します。この一般的なデータおよび情報は、サーバーのログファイルに保存されます。(1) 使用されているブラウザの種類とバージョン、(2) アクセスされた方のオペレーティングシステム、(3) アクセスされた方のアクセス元のウェブサイト(いわゆるリファラー)、(4) アクセスされた方が当社ウェブサイトからアクセスしたサブウェブページ、などが収集されます。(5) ウェブサイトへのアクセス日時、(6) インターネットプロトコルアドレス(IPアドレス)、(7) アクセスシステムのインターネットサービスプロバイダー、 (8) その他類似のデータおよび当社の情報技術システムに対する攻撃時の危険を回避するために役立つ情報。

これらの一般データおよび情報を使用する場合、KUHN SOLUTIONSはデータ対象者についていかなる結論も導き出すことはありません。むしろ、これらの情報は、(1)当社のウェブサイトのコンテンツを正しく配信するため、(2)当社のウェブサイトのコンテンツおよびこれらの広告を最適化するため、(3)当社の情報技術システムおよび当社のウェブサイトの技術を長期的に運用するため、(4)サイバー攻撃の場合に法執行機関に告発のために必要な情報を提供するために必要なのです。したがって、KUHN SOLUTIONSは、匿名の収集データおよび情報を一方では分析し、他方では、企業のデータ保護およびデータセキュリティを高めることを目的として、当社が処理する個人データについて最終的に最適なレベルの保護を確保することができるように努めています。サーバーログファイルの匿名データは、データ対象者が提供するいかなる個人データとも別に保存されます。

5. ウェブサイトからのお問い合わせ方法

KUHN SOLUTIONSのウェブサイトには、当社企業への迅速な電子的コンタクト、およびいわゆる電子メールの一般アドレス(電子メールアドレス)を含む当社との直接通信を可能にする法的要件が含まれています。データ対象者が電子メールまたはお問い合わせフォームを使用してコントローラに連絡した場合、データ対象者から送信された個人データは自動的に保存されます。データ対象者が管理者に任意で送信したこのような個人データは、データ対象者の処理または連絡のために保存されます。この個人情報は、第三者に開示されることはありません。

6. 個人情報の定期的な削除とブロック

コントローラは、データ主体の個人データを、保存の目的を達成するために必要な期間、またはコントローラが適用される法律や規制における欧州指令および規則または他の立法者によって規定されている場合にのみ処理し、保存するものとします。

保存の目的がもはや適用されない場合、または欧州指令および規則、あるいは他の管轄立法府によって定められた保存期間が満了した場合、個人データは法的規定に従って定期的にブロックされるか、または削除されます。

7. データ主体の権利

  • a) 確認の権利

    すべてのデータ対象者は、欧州指令および規則により付与された、自分に関する個人データが処理されているかどうかについて、管理者から確認を得る権利を有するものとします。データ対象者がこの権利の行使を希望する場合、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

  • b) 情報を得る権利

    個人情報の処理に関係する者は、欧州指令および規則により、いつでも無料で、自分について保存されている個人情報に関する情報およびそのコピーを管理者から入手する権利を有します。さらに、欧州の指令および規則では、データ対象者が以下の情報にアクセスすることを認めています。

    • 処理目的
    • 処理される個人データのカテゴリー
    • 個人情報が開示された、または開示される予定の受取人または受取人のカテゴリー(特に第三国または国際機関の受取人の場合)。
    • 可能であれば、個人データの保存予定期間、またはそれが不可能な場合は、この期間を決定するための基準
    • 本人に関する個人情報の修正もしくは消去、または管理者による処理の制限を求める権利、または当該処理に異議を唱える権利の存在。
    • 監督官庁への不服申し立て権の有無
    • 個人データがデータ対象者から収集されない場合。データの出所に関する利用可能なすべての情報
    • GDPR第22条1項および4項に基づくプロファイリングを含む自動意思決定の存在、および少なくともこれらの場合、関係する論理、データ対象者に対する当該処理の範囲および意図された効果に関する有意義な情報。

    さらに、データ対象者は、個人データが第三国または国際機関に移転されたかどうかを知らされる権利も有しています。この場合、データ対象者は、移転に関連する適切な保護措置に関する情報を入手する権利も有します。

    データ対象者がこのアクセス権の行使を希望する場合、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

  • c) 修正の権利

    個人情報の処理に関係する者は、欧州指令および規則により付与された、自分に関する不正確な個人情報の修正を遅滞なく得る権利を有するものとします。さらに、データ対象者は、処理の目的を考慮した上で、補足的な宣言によるものを含め、不完全な個人データの補完を要求する権利を有します。

    データ対象者がこの修正権の行使を希望する場合は、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

  • d) 消去権(忘れられる権利)

    個人情報の処理に関係する者は、欧州指令および規則により付与された、以下のいずれかの事由に該当する場合、および処理が必要でない限り、自身に関する個人情報の消去を遅滞なく管理者から取得する権利を有するものとします。

    • 個人データは、もはや必要とされない目的のために収集またはその他の方法で処理されました。
    • データ対象者がGDPR第6条1項(a)またはGDPR第9条2項(a)に基づいて処理の根拠となった同意を取り消し、処理に対する他の法的根拠がない場合。
    • データ対象者がGDPR第21条(1)に従って処理に異議を唱え、処理に優先する正当な理由がない場合、またはデータ対象者がGDPR第21条(2)に従って処理に異議を唱える場合。
    • 個人データが違法に処理された場合。
    • 個人データの削除は、管理者が従うべき連邦法または加盟国の法律に基づく法的義務を遵守するために必要です。
    • 個人情報は、DS-GVO第8条1項に基づき提供される情報社会サービスに関連して収集されたものです。

    前述の理由のいずれかに該当し、データ対象者がKUHN SOLUTIONSによって保存された個人データの削除を希望する場合、当該データ対象者はいつでもコントローラの任意の従業員に連絡することができます。KUHN SOLUTIONSの従業員は、削除が直ちに実行されるよう手配します。

    個人情報がKUHN SOLUTIONSによって公開され、責任者である当社が第17条に基づき個人情報の削除を義務付けられている場合、当社は当該個人情報を削除することができます。1 DS-GVO が個人情報を消去するために、KUHN SOLUTIONS は、利用可能な技術および実施に要する費用を考慮した技術的措置を含む妥当な措置を実施し、公開された個人情報を処理する他のデータ管理者に、データ対象者がそれらの他のデータ管理者に対して個人情報へのすべてのリンクまたは個人情報のコピーもしくは複製を消去するように要求したことを通知します(処理が必要な場合を除く)。KUHN SOLUTIONSの従業員は、個別のケースで必要な手配を行います。

  • e) 処理を制限する権利

    個人情報の処理に関係する者は、欧州指令および規則により、以下の条件のいずれかに該当する場合、管理者から処理の制限を取得する権利を有します。

    • 個人データの正確性については、管理者が個人データの正確性を確認できる期間、データ対象者が異議を唱える。
    • 処理が違法である場合、データ対象者は個人データの消去に異議を唱え、代わりに個人データの使用制限を要求するものとします。
    • 管理者が処理目的のために個人データを必要としなくなったが、データ対象者が法的請求の確立、行使または弁護のために個人データを必要とする場合。
    • データ対象者がGDPR第21条1項に従って処理に異議を唱えたが、管理者の正当な理由がデータ対象者の正当な理由に優先するかどうかがまだ明確でない場合。

    前述の条件のいずれかに該当し、データ対象者がKUHN SOLUTIONSによって保存されている個人データの制限を希望する場合、当該データ対象者はいつでもコントローラの従業員に連絡することができます。KUHN SOLUTIONSの従業員は、処理の制限を手配します。

  • f) データポータビリティの権利

    個人情報の処理に関係する者は、欧州指令および規則により、情報主体が管理者に提供した自分に関する個人情報を、構造化され、一般的に使用され、機械で読み取り可能な形式で受け取る権利を有するものとします。また、データ対象者は、情報処理がGDPR第6条1項(a)もしくは第9条2項(a)に基づく同意、またはGDPR第6条1項(b)に基づく契約に基づいている場合、および情報処理が公共の利益のために行われる業務の遂行または管理者に帰属する公的権限の行使に必要である場合を除いて、個人データの提供を受けた管理者から妨げられることなく当該データを別の管理者に送信する権利を有するものとします。

    さらに、データ対象者は、GDPR 第 20 条 (1) 項に従ってデータポータビリティの権利を行使する場合、技術的に可能な範囲において、また他の個人の権利および自由に悪影響を与えないという条件において、個人データをある管理者から別の管理者に直接移転することを得る権利を有するものとします。

    データ対象者は、データポータビリティの権利を主張するために、いつでもKUHN SOLUTIONSの従業員に連絡することができます。

  • g) 反対する権利

    個人データの処理により影響を受ける者は、欧州指令および規則により認められた、GDPR第6条1項(e)または(f)に基づいて実施される自分に関する個人データの処理に対して、自身の特定の状況に関連する理由でいつでも異議を申し立てる権利を有するものとします。これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。

    KUHN SOLUTIONSは、データ主体の利益、権利、自由、または法的請求の主張、行使、弁護に優先する処理に対する説得力のある正当な理由を証明できない限り、異議があった場合、個人データの処理を中止するものとします。

    KUHN SOLUTIONSがダイレクトマーケティングの目的で個人データを処理する場合、データ対象者はそのようなマーケティングのために処理される個人データの処理に対していつでも反対する権利を有するものとします。これは、そのようなダイレクトマーケティングに関連する限りにおいて、プロファイリングにも適用されます。データ対象者がKUHN SOLUTIONSに対してダイレクトマーケティング目的の処理に異議を唱えた場合、KUHN SOLUTIONSはこれらの目的のために個人データを処理しないようにします。

    さらに、データ対象者は、その特定の状況に関連する根拠に基づいて、KUHN SOLUTIONSが科学的または歴史的研究目的で、あるいはデータ保護規則第89条1項に従って統計目的で行う自分に関する個人データの処理に対して、その処理が公共の利益のために実行される必要がある場合を除き、反対する権利を有します。

    異議申し立ての権利を行使するために、データ対象者はKUHN SOLUTIONSの従業員または他の従業員に直接連絡することができます。また、データ対象者は、指令2002/58/ECにかかわらず、技術仕様を用いた自動化された手続きによる情報社会サービスの利用に関して、異議を唱える権利を自由に行使することができます。

  • h) プロファイリングを含む、個々のケースにおける自動化された意思決定

    個人情報の処理に関係する者は、欧州指令および欧州規則により付与された、プロファイリングを含む自動処理のみに基づく決定により、自身に関する法的効果を生じ、または同様に著しい影響を受けない権利を有するものとします。ただし、(1) データ主体と管理者との間の契約の締結またはその履行に必要でない場合、(2) 管理者が従うべき連邦法または加盟国の法律によって承認され、当該法律がデータ主体の権利と自由および正当な利益を保護するための適切な措置を定めている場合、または (3) データ主体の明確な同意を得て行われた場合は、この限りではありません。

    (1) データ主体とデータ管理者との間の契約の締結またはその履行に必要な場合、または (2) データ主体の明確な同意に基づく場合、KUHN SOLUTIONSは、データ主体の権利と自由および正当な利益を保護するために適切な措置を実施しなければならず、それには少なくともデータ主体の管理側への関与、自分の見解の表明および決定に異議を申し立てる権利が含まれます。

    データ対象者が自動化された決定に関する権利を行使したい場合は、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

  • i) データ保護法に基づく同意を取り消す権利

    個人データの処理によって影響を受ける人は、欧州指令および規則によって認められている、個人データの処理に対する同意をいつでも撤回する権利を有します。

    データ対象者が同意を撤回する権利を行使したい場合は、いつでもコントローラの従業員に連絡することができます。

8. Facebookの使用と適用に関するデータ保護規定

コントローラは、このウェブサイト上でFacebook社のコンポーネントを統合しています。Facebookはソーシャルネットワークです。

ソーシャルネットワークとは、インターネット上で運営される社会的な出会いの場であり、通常は仮想空間上でユーザー同士がコミュニケーションや交流を行うことができるオンラインコミュニティである。ソーシャルネットワークは、意見や経験を交換するためのプラットフォームとして機能したり、インターネットコミュニティが個人的または企業関連の情報を提供することを可能にしたりすることができます。Facebookでは、ソーシャルネットワークのユーザーがプライベートなプロフィールを作成したり、写真をアップロードしたり、友達リクエストを通じてネットワークを構築したりすることができます。

Facebookの運営会社は、Facebook, Inc, 1 Hacker Way, Men­lo Park, CA 94025, USAです。データ対象者が米国またはカナダ以外に居住している場合の個人データの管理者は、Facebook Ire­land Ltd(4 Grand Canal Squa­re, Grand Canal Har­bour, Dub­lin 2, Ireland)です。

データ管理者が運営する本ウェブサイトの個々のページのうち、Facebookコンポーネント(Facebookプラグイン)が組み込まれたページを呼び出すたびに、データ対象者の情報技術システムのインターネットブラウザは、それぞれのFacebookコンポーネントによって、対応するFacebookコンポーネントの表現をFacebookから自動的にダウンロードさせるようになっています。すべてのFacebookプラグインの完全な概要は、https://developers.facebook.com/docs/plugins/?locale=de_DE。この技術的な手順の範囲内で、Facebookは、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪問したかについての情報を受け取ります。

データ対象者がFacebookに同時にログインしている場合、Facebookは、データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すたびに、また当社のウェブサイトに滞在している間、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪問しているのかを認識します。この情報は、Facebookのコンポーネントによって収集され、Facebookによってデータ対象者のそれぞれのFacebookアカウントに割り当てられます。データ対象者が当社のウェブサイトに統合されているFacebookボタン(例えば「いいね!」ボタン)を有効にした場合、またはデータ対象者がコメントを投稿した場合、Facebookはこの情報をデータ対象者のFacebookの個人ユーザーアカウントに割り当て、この個人データを保存します。

データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すと同時にFacebookにログインした場合、FacebookはFacebookコンポーネントを通じて、データ対象者が当社のウェブサイトにアクセスしたという情報を常に受け取ります。これは、データ対象者がFacebookコンポーネントをクリックしたかどうかにかかわらず行われます。データ対象者がこの情報をFacebookに送信することを希望しない場合、当社ウェブサイトにアクセスする前にFacebookアカウントからログアウトすることにより、送信を防ぐことができます。

Facebookが公表しているデータポリシーは、https://de-de.facebook.com/about/privacy/、Facebookによる個人データの収集、処理、使用に関する情報を提供しています。また、データ主体のプライバシーを保護するために、Facebookがどのような設定オプションを提供しているかについても説明します。また、Facebookへのデータ送信を抑制することが可能なアプリケーションも各種用意されています。このようなアプリケーションは、データ対象者がFacebookへのデータ送信を抑制するために使用することができます。

9. Google+の使用と適用に関するプライバシーポリシー

コントローラは、本ウェブサイトのコンポーネントとしてGoogle+ボタンを統合しています。Google+は、いわゆるソーシャルネットワークです。ソーシャルネットワークとは、インターネット上で運営される社会的な出会いの場、オンラインコミュニティのことで、通常、ユーザーは仮想空間上でコミュニケーションや相互作用を行うことができます。ソーシャルネットワークは、意見や経験を共有するためのプラットフォームとして機能したり、インターネットコミュニティが個人または企業に関連する情報を提供することを可能にします。Google+では、ソーシャルネットワークのユーザーは、プライベートなプロフィールを作成したり、写真をアップロードしたり、フレンドリクエストを通じたネットワークを構築することなどができます。

Google+の運営会社は、Google Inc., 1600 Amphi­theat­re Pkwy, Moun­tain View, CA 94043–1351, USAです。

データ管理者が運営するこのウェブサイトの個々のページのうち、Google+ボタンが組み込まれたページが呼び出されるたびに、データ対象者の情報技術システムのインターネットブラウザは、それぞれのGoogle+ボタンによって、対応するGoogle+ボタンの表現をGoogleから自動的にダウンロードさせる。この技術的な手順の範囲内で、Googleは、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪れたかについての情報を受け取ります。Google+に関するより詳細な情報は、https://developers.google.com/+/に掲載されています。

データ対象者がGoogle+に同時にログインしている場合、データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すたびに、また当社のウェブサイトに滞在している間中、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページにアクセスしているかをGoogleが認識します。この情報は、Google+ボタンによって収集され、Googleによってデータ主体のそれぞれのGoogle+アカウントに割り当てられます。

データ対象者が当社のウェブサイトに統合されているGoogle+ボタンの一つを有効にし、それによってGoogle+1推奨を行った場合、Googleはこの情報をデータ対象者の個人のGoogle+ユーザーアカウントに関連付け、この個人データを保存します。Googleは、データ対象者のGoogle+1レコメンデーションを保存し、データ対象者がこれに関して承諾した条件に従って一般に公開します。データ対象者がこのウェブサイト上で行ったGoogle+1の推薦は、その後、データ対象者が使用するGoogle+1のアカウント名やこのアカウントに保存されている写真などの他の個人データとともに、他のGoogleサービス、例えばGoogle検索エンジンの検索結果、データ対象者のGoogleアカウント、または他の場所、例えばウェブサイト上や広告に関連して保存、処理されることになります。さらに、Googleは、このウェブサイトへの訪問を、Googleが保存している他の個人データと関連付けることができます。また、Googleは、Googleの各種サービスを改善または最適化する目的で、この個人情報を記録しています。

Googleは、データ対象者がGoogle+のボタンをクリックしたかどうかにかかわらず、データ対象者がGoogle+にログインしている場合、Google+のボタンを通じてデータ対象者が当社のウェブサイトを訪問したという情報を常に受け取ります。

データ対象者がGoogleへの個人情報の送信を望まない場合は、当社のウェブサイトにアクセスする前にGoogle+のアカウントからログアウトすることで、その送信を阻止することができます。

詳細および適用されるGoogleプライバシーポリシーは、https://www.google.de/intl/de/policies/privacy/。Google+1ボタンに関するGoogleの詳しいガイダンスは、https://developers.google.com/+/web/buttons-policyに掲載されています。

10. LinkedInの使用および適用に関するデータ保護規定

コントローラは、本ウェブサイトにリンクトイン社のコンポーネントを統合しています。LinkedInは、ユーザーが既存のビジネスコンタクトとつながり、新しいビジネスコンタクトを作ることができるインターネットベースのソーシャルネットワークです。200カ国以上、4億人以上の登録者がLinkedInを利用しています。このため、LinkedInは現在、ビジネスコンタクトのための最大のプラットフォームであり、世界で最も訪問者の多いウェブサイトの一つとなっています。

LinkedInの運営会社は、LinkedIn Cor­po­ra­ti­on, 2029 Stier­lin Court Moun­tain View, CA 94043, USAです。米国外のデータ保護問題については、LinkedIn Ire­land, Pri­va­cy Poli­cy Issu­es, Wil­ton Pla­za, Wil­ton Place, Dub­lin 2, Irelandが責任を負うものとします。

LinkedInコンポーネント(LinkedInプラグイン)を備えた当社のウェブサイトを個別に呼び出すと、このコンポーネントによって、関係者が使用するブラウザがLinkedInからコンポーネントの対応する表現をダウンロードすることになります。LinkedInのプラグインに関する詳しい情報は、https://developer.linkedin.com/plugins。この技術的な手順の一環として、リンクトインは、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪れたかについての情報を受け取ります。

データ対象者がLinkedInに同時にログインしている場合、LinkedInは、データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すたびに、また当社のウェブサイトに滞在している間、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪れているかを認識することができます。この情報はLinkedInコンポーネントによって収集され、LinkedInによってデータ対象者のそれぞれのLinkedInアカウントに割り当てられます。データ対象者が当社のウェブサイトに統合されているLinkedInボタンを有効にした場合、LinkedInはこの情報をデータ対象者の個人的なLinkedInユーザーアカウントに割り当て、この個人データを保存します。

データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すと同時にLinkedInにログインした場合、LinkedInはLinkedInコンポーネントを通じて、データ対象者が当社のウェブサイトにアクセスしたという情報を常に受け取ります。これは、データ対象者がLinkedInコンポーネントをクリックしたかどうかにかかわらず行われます。データ対象者がこの情報をLinkedInに送信することを望まない場合、当社ウェブサイトにアクセスする前にLinkedInのアカウントからログアウトすることで、送信を防ぐことができます。

LinkedInでは、メールメッセージ、SMSメッセージ、ターゲット広告の配信停止や、広告設定の管理ができる機能を、https://www.linkedin.com/psettings/guest-controls。LinkedInは、Quantcast、Google Analytics、BlueKai、DoubleClick、Nielsen、Comscore、Eloqua、Lotameなどのパートナーも使用しており、クッキーを設定する場合があります。このようなクッキーは、https://www.linkedin.com/legal/cookie-policy、拒否することができます。LinkedInの適用されるプライバシーポリシーは、https://www.linkedin.com/legal/privacy-policy。LinkedInのクッキーポリシーは、https://www.linkedin.com/legal/cookie-policy。

11. Twitterの使用および適用に関するデータ保護規定

本コントローラは、本ウェブサイトにTwitterのコンポーネントを組み込んでいます。Twitterは、多言語で利用できるマイクロブログサービスで、ユーザーはいわゆるツイート(280文字以内の短いメッセージ)を公開・配信することができます。このショートメッセージは、Twitterに登録していない人も含めて、誰でもアクセスすることができます。ただし、ツイートは各ユーザーのいわゆるフォロワーにも表示されます。フォロワーとは、あるユーザーのツイートをフォローしている他のTwitterユーザーのことです。さらに、Twitterでは、ハッシュタグやリンク、リツイートなどを通じて、幅広い層への発信が可能です。

Twitterの運営会社は、Twitter, Inc., 1355 Mar­ket Street, Suite 900, San Fran­cis­co, CA 94103, USAです。

データ管理者が運営する本ウェブサイトの個々のページのうち、Twitterコンポーネント(Twitterボタン)が組み込まれたページを呼び出すたびに、データ対象者の情報技術システムのインターネットブラウザは、それぞれのTwitterコンポーネントによって、対応するTwitterコンポーネントの表現をTwitterから自動的にダウンロードするように設定されています。ツイッターボタンに関する詳しい情報は、https://about.twitter.com/de/resources/buttons。この技術的手続きの範囲内で、Twitterは、データ対象者が当社ウェブサイトのどの特定のサブページを訪問したかに関する情報を受け取ります。Twitterコンポーネントを統合する目的は、ユーザーがこのウェブサイトのコンテンツを発信できるようにし、このウェブサイトをデジタル世界で知らしめ、訪問者数を増やすことにあります。

データ対象者がTwitterに同時にログインしている場合、Twitterは、データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すたびに、また当社のウェブサイトでの滞在期間中、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページにアクセスしているかを認識します。この情報は、Twitterコンポーネントによって収集され、Twitterによってデータ主体のそれぞれのTwitterアカウントに割り当てられます。データ対象者が当社のウェブサイトに組み込まれたTwitterのボタンの1つをアクティブにした場合、このようにして送信されたデータおよび情報は、データ対象者のTwitterの個人ユーザーアカウントに割り当てられ、Twitterによって保存および処理されることになります。

データ対象者が当社のウェブサイトを呼び出すと同時にTwitterにログインした場合、TwitterはTwitterコンポーネントを通じて、データ対象者が当社のウェブサイトにアクセスしたという情報を常に受け取ります。これは、データ対象者がTwitterコンポーネントをクリックしたかどうかにかかわらず行われます。データ対象者がこの情報をTwitterに送信することを望まない場合は、当社のウェブサイトにアクセスする前に、Twitterのアカウントからログアウトすることにより、送信を防ぐことができます。

Twitterの適用されるプライバシーポリシーは、https://twitter.com/privacy?lang=de。

12. Xingの使用および適用に関するデータ保護規定

コントローラは、本ウェブサイトにXingのコンポーネントを組み込んでいます。Xingは、既存のビジネスコンタクトとつながり、新しいビジネスコンタクトを作ることができるインターネットベースのソーシャルネットワークです。個人ユーザーは、Xing上で自分自身のプロフィールを作成することができます。企業は、例えば、Xing上で会社概要を作成したり、求人情報を公開したりすることができます。

Xingの運営会社は、XING SE, Damm­tor­stra­ße 30, 20354 Ham­burg, Germanyです。

管理者が運営する本ウェブサイトの個々のページのうち、Xing コンポーネント(Xing プラグイン)が統合されているページを呼び出すたびに、データ対象者の情報技術システムのインターネットブラウザは、それぞれの Xing コンポーネントによって、Xing から対応する Xing コンポーネントの表現をダウンロードするよう自動的に促されます。Xingプラグインに関する詳しい情報は、https://dev.xing.com/plugins。この技術的な手順の範囲内で、エクシングは、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪れたかについての情報を受け取ります。

情報主体が Xing に同時にログインしている場合、Xing は、情報主体が当社ウェブサイトを呼び出すたびに、また当社ウェブサイトに滞在している間中、情報主体が当社ウェブサイトのどの特定のサブページを訪れているかを認識することができます。この情報は、Xingコンポーネントによって収集され、Xingによってデータ主体のそれぞれのXingアカウントに割り当てられます。データ対象者が当社のウェブサイトに統合されている Xing ボタン(例えば「共有」ボタン)を有効にすると、Xing はこの情報をデータ対象者の個人 Xing ユーザーアカウントに割り当て、この個人データを保存します。

データ対象者がXingにログインし、同時に当社のウェブサイトを呼び出した場合、XingはXingコンポーネントを通じて、データ対象者が当社のウェブサイトにアクセスしたという情報を常に受け取ります。これは、データ対象者がXingコンポーネントをクリックしたかどうかに関係なく行われます。データ対象者がこの情報をエクシングに送信することを望まない場合、エクシングのウェブサイトにアクセスする前に、エクシングのアカウントからログアウトすることにより、送信を防ぐことができます。

エクシングが公表しているデータ保護規定は、https://www.xing.com/privacy、エクシングによる個人データの収集、処理、使用に関する情報を提供しています。さらに、エクシングは、XINGシェアボタンに関するデータ保護情報を、https://www.xing.com/app/share?op=data_protection で公開しています。

13. YouTubeの使用と適用に関するデータ保護規定

本コントローラーは、本ウェブサイトにYouTubeのコンポーネントを組み込んでいます。YouTubeは、動画投稿者が無料で動画を投稿し、他のユーザーが無料で閲覧、評価、コメントすることができるインターネット上の動画ポータルサイトです。YouTubeはあらゆる種類の動画を公開できるため、映画やテレビ番組だけでなく、音楽ビデオや予告編、ユーザー自身が作った動画もインターネットポータルからアクセスすることができる。

YouTubeの運営会社は、YouTube, LLC, 901 Cher­ry Ave, San Bru­no, CA 94066, USAです。YouTube, LLCは、Google Inc, 1600 Amphi­theat­re Pkwy, Moun­tain View, CA 94043–1351, USAの子会社です。

データ管理者が運営する本ウェブサイトの個々のページのうち、YouTubeコンポーネント(YouTubeビデオ)が組み込まれたページを呼び出すたびに、データ対象者の情報技術システムのインターネットブラウザは、それぞれのYouTubeコンポーネントによって、対応するYouTubeコンポーネントの表現をYouTubeから自動的にダウンロードさせることになります。YouTubeに関する詳しい情報は、https://www.youtube.com/yt/about/de/。この技術的な手順の範囲内で、YouTubeとGoogleは、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪問したかという情報を受け取ります。

データ対象者がYouTubeに同時にログインしている場合、YouTubeビデオを含むサブページが呼び出されたとき、データ対象者が当社のウェブサイトのどの特定のサブページを訪れているかを、YouTubeが認識します。この情報は、YouTubeとGoogleによって収集され、データ対象者のそれぞれのYouTubeアカウントに割り当てられます。

YouTubeとGoogleは、データ対象者がYouTubeにログインし、同時に当社のウェブサイトを呼び出した場合、データ対象者が当社のウェブサイトにアクセスしたという情報を、YouTubeコンポーネントを通じて常に受け取ります。データ対象者が、この情報がYouTubeおよびGoogleに送信されることを望まない場合は、当社のウェブサイトにアクセスする前に、YouTubeアカウントからログアウトすることにより、この情報の送信を防ぐことができます。

YouTubeが公表しているプライバシーポリシーは、https://www.google.de/intl/de/policies/privacy/、YouTubeとGoogleによる個人データの収集、処理、使用に関する情報を提供しています。

14. 処理の法的根拠

DS-GVO第6条1項aは、当社が特定の処理目的について同意を得る処理業務について、当社の法的根拠となっています。データ対象者が当事者である契約の履行に個人データの処理が必要な場合、例えば商品の配送や他のサービスまたは対価の提供に必要な処理業務の場合と同様、処理はGDPR第6条I項bに基づくものです。例えば、当社の製品またはサービスに関する問い合わせの場合など、契約前の措置の実施に必要な処理業務についても同様です。当社が、納税義務の履行など、個人データの処理が必要となる法的義務を負っている場合、その処理は、DS-GVO第6条I項cに基づくものとします。まれに、データ対象者または他の自然人の生命的利益を保護するために、個人データの処理が必要になる場合があります。例えば、お客様が当社施設内で負傷され、その結果、お客様の氏名、年齢、健康保険等の情報を医師、病院、その他の第三者に提供しなければならない場合です。その場合、処理はArt.6 I lit. d DS-GVOに基づくことになります。
最終的に、処理作業はDS-GVOの6条I項f号に基づいて行われる可能性があります。前述のいずれの法的根拠にも該当しない処理作業も、データ主体の利益、基本的権利および自由が優先されないことを条件として、当社または第三者の正当な利益を保護するために必要な場合には、この法的根拠に基づくものとします。このような処理操作は、特に欧州の立法者によって明確に言及されたため、当社に許可されています。この点については、データ主体が管理者の顧客である場合には、正当な利益が想定されるとの見解を示しました(GDPRの説明47、文2)。

15.管理者または第三者が追求する処理に関する正当な利益。

個人情報の処理が第6条 I lit. f DS-GVOに基づく場合、当社の正当な利益は、当社の全従業員と株主の福利のために事業活動を遂行することです。

16.個人データの保存期間

個人データの保存期間に関する基準は、それぞれの法定保存期間です。この期間の経過後、契約の履行または開始のために必要でなくなった場合、対応するデータは日常的に削除されます。

17. 個人情報の提供に関する法的または契約上の要件、契約締結の必要性、個人情報を提供する情報主体の義務、個人情報を提供しない場合に生じる可能性のある結果。

個人情報の提供は、法律(例:税法)または契約上の規定(例:契約相手に関する情報)により、一部義務付けられていることをお知らせします。
契約を締結するために、データ対象者が当社に個人データを提供することが必要な場合があり、その後に当社によって処理される必要があります。例えば、当社がデータ対象者と契約を締結する場合、データ対象者は当社に個人データを提供する義務を負います。個人データを提供しない場合、データ対象者との契約は成立しないことになります。
データ対象者が個人データを提供する前に、データ対象者は当社の従業員に連絡する必要があります。当社の従業員は、個人データの提供が法律または契約によって要求されるか、または契約締結のために必要であるか、個人データを提供する義務があるか、個人データを提供しない場合にどのような結果になるかについて、データ対象者にその都度通知するものとします。

18.自動化された意思決定の存在

責任ある企業として、私たちは自動的な意思決定やプロファイリングは行いません。

このデータ保護宣言は、DGD Deut­sche Gesell­schaft für Daten­schutz GmbH のデータ保護宣言作成者によって作成されたものであり、DGD Deut­sche Gesell­schaft für Daten­schutz GmbH はその役割を担っています。 社外データ保護担当者 バンベルク と連携して活動しています。 IT・データ保護担当弁護士 クリスチャン・ソルメッケ を作成しました。

プライバシーポリシーのさらなる追加

SSL暗号化

送信中のお客様のデータのセキュリティを保護するために、HTTPSによる最先端の暗号化方式(SSLなど)を使用しています。

お問い合わせフォーム

お客様が電子メールやお問い合わせフォームで、何らかのご質問をされた場合、お客様は、当社からの連絡を目的として、お客様の自発的な同意を得たものとします。このため、有効な電子メールアドレスを提供する必要があります。お問い合わせの割り出しとその後の対応に使用します。それ以上のデータの提供は任意です。ご提供いただいた情報は、お問い合わせの処理およびその後の質問の可能性のために保存されます。個人情報は、お問い合わせに対応した後、自動的に削除されます。

スクリプトライブラリの使用(Google Web Fonts)

当ウェブサイトでは、コンテンツをより正しく、より魅力的に表示するために、スクリプトライブラリやフォントライブラリ、例えばGoogle Web Fonts (https://www.google.com/webfonts/).Goog­le Web Fontsは、ブラウザのキャッシュに転送され、多重読み込みを回避します。ブラウザがGoogle Web Fontsに対応していない場合やアクセスできない場合、コンテンツは標準フォントで表示されます。

スクリプトライブラリやフォントライブラリを呼び出すと、自動的にそのライブラリのオペレータへの接続が開始されます。このような図書館の運営者がデータを収集することは、理論的には可能であるが、その有無や目的については現在のところ不明である。

図書館運営会社­Goog­leのプライバシーポリシーはこちらでご確認いただけます。 https://www.google.com/policies/privacy/

Googleマップの活用

本サイトでは、地理情報を視覚的に表示するためにGoogle Maps APIを使用しています。Googleマップを使用する場合、Googleは訪問者の地図機能の使用に関するデータも収集、処理、使用します。Googleによるデータ処理についての詳細は、以下のウェブサイトをご覧ください。 Goog­le プライバシー ポリシー をご覧ください。そこでは、データ保護センターで個人情報保護の設定を変更することもできます。

Goog­le製品に関連するお客様自身のデータの管理方法に関する詳細な説明 ここにあります。.

プライバシーポリシーの変更

当社は、このデータ保護宣言が常に現行の法的要件に適合するように、またはデータ保護宣言における当社のサービスの変更を実施するため(例:新しいサービスを導入する場合など)、このデータ保護宣言を修正する権利を留保します。その後、新しいデータ保護声明が次回の訪問時に適用されます。

データ保護責任者への質問

データ保護についてご質問がある場合は、電子メールをお送りいただくか、当社組織のデータ保護担当者 Dani­el Kuhn に直接お問い合わせください。

データ保護宣言を延長したのは Acti­ve­Mind AGが作成したデータ保護宣言ジェネレーター.

jaJapa­ne­se